女性用育毛剤で起こりえる副作用

MENU

女性用育毛剤の副作用とは?

 
女性用育毛剤は医薬部外品と医薬品の2種類

女性用育毛剤は、「医薬部外品」と「医薬品」との2種類に分類されていますが、一般的には副作用がある女性用育毛剤は医薬品に分類された育毛剤だといわれています。

 

医薬品の女性用育毛剤は、何をどう選ぶと副作用を起こす可能性があるのでしょうか?

 

ミノキシジルで副作用が起きる?

ミノキシジルは頭皮に対しての血管拡張剤で、外用薬としての臨床試験が実施された結果、脱毛症に有効だとされています。

 

しかし、副作用として湿疹、かぶれ、かゆみ、ふけなどの頭皮トラブルから、「心筋梗塞」「血圧低下」「動悸」など循環器系に副作用が現れるケースもあるそうです。稀ですが、「頭痛」「手足のしびれ」「めまい」といった神経系に副作用が表れるケースもあるようです。

 

流通している育毛剤の含まれるミノキシジル配合量では、副作用が起きることはほとんどありません。通販サイトから個人輸入された育毛剤(医薬品)を購入したら、通常の何倍ものミノキシジルが配合されていたり、よくわからない原料が使われている物もあるそうです。

 

女性用の育毛剤の副作用の確立はごくわずかだといわれていますが、念のため、必ず購入前に100%無添加のもので無添加記載の成分配合をきちんと確認しましょう。

 

【女性用育毛剤は肥料?】

他に抜け毛対策として『女性用育毛剤』がすぐに考えられますが、その前に髪の毛を植物に例えて見てください。植物が強く生き生きと成長するには何が必要でしょうか?水・日光・土壌・肥料などが必要ですよね。

 

『育毛剤』は何処に例えられるかと言うと『肥料』になります。幾ら良い『肥料』を与えても、その他の環境が悪ければ効果も得られなくなってしまいます。

水・日光=生活習慣・環境の改善
土壌=綺麗な頭皮環境

これらを見直す事から始めてみましょう。